当社のサービス


当社の実績

1990年、クィーンズタウンで飛んだNZONE のタンデム・ジャンプは、商業目的で催行されたニュージーランド初のスカイダイビングとなりました。ニュージーランド観光大賞の最優秀賞を受賞した実績のあるスカイダイビングの会社は当社だけです。

当社の経営方針は、行き届いたサービスを通じ、お客様一人ひとりに最高のアドベンチャーを体験していただくことと、質と安全と楽しさを提供するブランドの代名詞としてNZONEブランドを守ることです。

NZONEは1990年代、パラシュート降下が好きな2人によって設立されました。会社は訓練を積んだ有資格者を80名ほど採用し、タンデムで20万回ジャンプの実績をあげています。

NZONEはリラックスした雰囲気ながらもプロフェッショナルな社風です。経営陣は引き続きスカイダイビング業界の発展に積極的に関わり、着実に事業への投資を進めています。

当社では4機のタービンエンジン航空機を所有・運航し、着陸地点(ドロップゾーン)に専用の施設を設けています。また、厳格な装備点検交換プログラムに従っています。

安全対策へのアプローチは他社のどこにも負けません。パラシュートを詰める特別な訓練を受けたパッカー、常駐するチーフ・セイフティ・オフィサー、直接体験で得た知識や技術を持つ業界きっての経営陣が揃っているのがその理由です。十分な訓練を積んでいる当社のスタッフは、国内でも最も豊富な経験を誇ります。

当社では、商品開発、お客様の安全、そしてユニークかつ行き届いたサービスを提供することに重点的に取り組んでいます。それらがタンデム・スカイダイビングのビジネスそのものや業界全体を引き続き成長させていくことになると信じています。

当社のスタッフ

NZONEでは現在フルタイムのスカイダイバー80名を雇用しています。それに加え、さまざまな業務のスタッフが勤務しています。タンデムを飛ぶスタッフからフリーフォールを撮影するカメラマン、航空機の整備士、予約や庶務の担当、送迎バス運転手、ビデオ編集者、地上クルー、パラシュート・パッカー、パイロット、セールス&マーケティング担当など・・・。業務がなんであれ選抜きのスタッフをそろえています。スタッフの詳細はこちらから。


航空機

近年、Supervan 900の名前で知られる新しいセスナ・キャラバンを導入しました。この航空機ではタンデム・ジャンパー9名が搭乗できるので、グループでも一緒にジャンプの思い出を共有できます。商業目的のスカイダイビング用としては最も静かで効率の良い航空機です。

専用に設計されたSupervan 900は、単発ターボプロップエンジン搭載、4枚羽プロペラの短距離運航機です。フラットレート900 hpのエンジンにより、離陸も上昇も急速にできます。また、燃料消費も経済的で、1名あたりの二酸化炭素排出量は大幅に少なくなっています。厳しい環境規制にも、厳しい欧州の騒音基準にも十分に合致しています。


スカイダイビングの用具

タンデム用パラシュート

通る空気量ゼロの繊維を使った長方形型、高性能なパラシュートは、開傘ショックが少なく、操縦性にも優れています。楕円の長方形をした傘部分は、衝撃を和らげ正確に着陸できるよう、時速30キロの速度で揚力が働く翼の役目を果たします。傘は30から37平方メートルまでのサイズがあります。

タンデム・パラシュート・ハーネス・コンテナ

ハーネス・コンテナは、メイン・パラシュート、リザーブ・パラシュート(予備)、減速用パラシュートなどすべての装備類を収納しているものです。有資格の専門のパッカーがパラシュート、ライン、ライザーなどすべての装備類を準備し、確実に順番どおりに開傘するようひとつひとつを収納します。

NZONEスカイダイブのタンデム・ジャンプで使用する装備類は、Strong Enterprisesの製造です。同社は20年以上前に初めてダブルハーネスのタンデムシステムを開発した会社です。


your-photos-and-videos